【XSERVER】レンタルサーバーは安さよりも最高の性能と運営の効率を重視すべき!!

IT

Webサイト制作・運営の初心者という方は、どのレンタルサーバーがいいか悩むかと思います。

しかし、「レンタルサーバー おすすめ」でググっても、
・ロリポップ
・さくらサーバー
など、複数のレンタルサーバーを紹介されるのでイマイチ決めきれないなんてことも…

そこで今回は私が右往左往しながら最終的に辿り着いたエックスサーバー私なりの節約術も含め、ご紹介していきたいと思います!!

エックスサーバーのメリット・デメリット

私はエックスサーバーに辿り着くまで使ってきた
ロリポップ、さくらサーバー、ドメインキング、CORESERVER
比較した場合のメリット・デメリットを紹介します。

まず初めにエックスサーバーのスペックは以下の表の通りです。

エックスサーバープランX10X20X30
初期費用3,300円3,300円3,300円
月額費用1,200円2,400円4,800円
月額費用(36ヶ月契約)900円1,800円3,600円
ディスク種類オールSSDオールSSDオールSSD
ディスク容量200GB300GB400GB
転送容量制限150GB/1日180GB/1日200GB/1日
独自ドメイン上限無制限無制限無制限
MySQL個数上限無制限無制限無制限
PHP(CGI版)ありありあり
PHP(モジュール版)ありありあり
メールサポートありありあり
電話サポートありありあり
プレゼントドメインなしありあり

上記の表だけですと、他のサーバーと大差はないように見えます。
次に他社サーバと比べた時のメリット・デメリットです。

メリット
・業界最高レベルのスペック
 ・Webサイトの表示速度が速い
 ・サーバーの安定性が高い
・管理画面がシンプルで使いやすい
・老舗サーバーのため、わからないことがあってもググれば大抵の情報が出てくる
・サポートもいい感じらしい…

デメリット
・格安レンタルサーバーと比べると料金が高め
 (XSERVER:年10,800円、格安サーバー:年3,000円未満)

 こうやって見るとスペックもコスパも業界最高クラスなので即決したくなる方もいると思います。予算が見込める方や自分でお店や会社のホームページを立ち上げる方は
絶対にエックスサーバー にすべきでしょう。

 ただ、格安レンタルサーバーと比べてしまうと年7,000円差もあるので高く感じてしまいます。次はこんなに値段差があってもXSERVERを選ぶべき理由をご説明します。

値段差があってもXSERVERを選ぶべき理由

格安レンタルサーバーと比べると年7,000円差。
これはまだ売上も予算も見込めない駆け出しブロガーやサイト運営者のような方には大きな問題に感じてくると思います。

しかし、いろんなサーバーを試してみたいという方以外は値段差があっても絶対にXSERVERにすべきです。
理由は2つあります。

1つ目は、格安レンタルサーバーは値段の変動が激しいからです。
契約当初は「月額300円」のサーバーが、来月から「月額600円」にしますみたいな事がよくあるためです。

2つ目は、ググって出てくる情報の量が大きく違うからです。
格安レンタルサーバーは知名度が低く、歴史も浅いため、エラーが出た際に検索しても解決できないことが多いです。
XSERVERは老舗で知名度も高いため、設定の仕方が丁寧に記載されており、検索すれば大抵のエラーに対処できるため、あまりサーバーの設定が得意でない方でも使いやすいです。

 このように安易に格安サーバーを選ぶのはサーバー管理の手間を考えると非効率だと思っています。
現在、サーバー選びで迷っている方、格安サーバーを使おうか悩んでいる方はXSERVERを使ってみてはいかがでしょうか。

↓ もし、XSERVERの初期の運営費に困っている方はご覧ください!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました